いろはの日記

2月の漢字検定本番に向けて頑張ってます。

魯魚亥豕(ろぎょがいし)

こんばんは。

今日は大学でイタリア語の授業がありまして、自己採点してからさらに担当の先生に預けてチェックをしてもらっていたテストが返却されたのですが、自分で間違いを直したところでさえも間違ったりしていて自らの至らなさを感じました。

私の字の汚さに加えて、トンデモ解答を一つ一つ確認し丁寧に直してくれた先生には感謝してもしきれません。

同じ範囲で再テストがあるようなので先生のご好意を無駄にしないようしっかり復習をしてから臨みたいと思います。

 

本日の四字熟語はこちら。

魯魚亥豕

ろぎょがいし」と読み、範囲は1級です。

「魯」と「魚」、「亥」と「豕」の字の形が似ていて間違えやすいことから文字を書き間違えることという意味になりました。 

このように漢字が視覚的に捉えられ、そこから意味がつけられた四字熟語は結構珍しいといえます。

漢字の形が似ているだけで読み方はそれぞれ固有なので今は間違うことはないですが、検定本番で出題されると慌ててこんがらがりうっかり間違ってしまいそうで怖いですね…

でもこの四字熟語からしてみれば、もし漢字を間違われたとしても自身の持つ意味を紙上で再現かつ体験してくれたようで嬉しく感じるんだと思います。

 

それでは。

 

魯魚亥豕(ろぎょがいし) 意味:文字を書き間違えること。