いろはの日記

2月の漢字検定本番に向けて頑張ってます。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

あけましておめでとうございます。

時が経つのは早いもので、気づけばもう今週末にはセンター試験が行われるのですね。一年前の私はまだ制服を着ていて、慣れない知らない大学の会場でなぜかびくびくしながらたどたどしくひたすらにマークを塗り続けていましたが、それはすでに懐かしい記憶の一つです。

受験生時代には現役大学生がYoutubeに上げてくれている勉強法解説動画をよく見ていました。(どうやらそういった人々は勉強系youtuberというくくりで呼ばれているらしいです)

特に私が見ていたのは「はなお」さんという理系大学に通っている人の動画で、内容は数学や物理の話がメインでしたが、その方は国立の大学に通っているということで文系の自分でもセンター試験の英語や国語などの対策の話を聞くことができてとてもためになりました。また、その方の言動からとても丁寧に画面外の受験生のためを思って動画を作ってくださっているというのが端々から伝わってきて、本番が近づいてきた自分への勇気づけになりました。

 

はなおさんの動画には「勉強をいかに楽しんで取り組むか」というテーマがあります。

こちらの動画を紹介します。(右上で赤いパーカーを着て笑っているのがはなおさんです)

 

www.youtube.com

 

センター試験を解いてみたと簡単に言っても、家に同じ大学の仲間を呼び本来ならばだらっと通常の飲み会になるところをはなおさんと周りの人たちはわざわざセンター試験に取り組むというこのミックスイデアは発想の勝利と言っていいと思います。

私は高校生当時、大学生になると暇が日多いからこういった動画作りも頻繁にできると思っていましたが実際は課題やバイトに追われ全くそんなことありませんでした。国立の理系大学ならなおさら研究室にこもったり文系大学の自分よりはるかに忙しい日々を過ごしているでしょうに、こういった面白みもある動画を一定期間アップロードしづつけるモチベーションは見習わなくてはなりませんね…(文面だけのブログでも更新し続けるのには結構な労力がいることはこのブログを開設してはじめてわかりました。)

私個人の意見としてもう二度とセンター試験は解きたくないのですが、わざわざ過ぎた難関にまた取り組むなんて受験生側にしてみれば本当にありがたかったです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

ちなみにはなおさんのセンター試験シリーズは数ある動画の中でも人気が高いのでシリーズ化されています。 今年はどんなとんでもないセンター試験の解き方がされるのかとこの時期のはなおさんの動画更新は毎年の楽しみになっています。カラオケでセンター試験を解く動画は初見時にシュールすぎて笑いが止まりませんでした。

 

はなおさんは同じ大学に友達がたくさんいて、動画内には同級生が頻繁に顔出しで出演しています。私の受験生時代には予備校でも学校でも、友達とは話すけれどそれぞれの目指しているところが違いすぎてがひたすらにどこか孤独だったので、家でほっと一息つきながらはなおさんが友人とわちゃわちゃしている動画を見て、それだけでこちらも幸せになりました。

そんなはなおさんの動画内で特に出演率が高いのが「でんがん」さんという方です。(先ほどのカラオケセンター試験動画のサムネイルで歌っている人です)

でんがんさんはトークがうまく、テレビで見る芸人さんのように話の内容も面白い人です。

 

www.youtube.com

 

はなおさんとでんがんさんは、大学には1度の浪人を経て入学しています。

私は高3の5月に部活を引退するまで、勉強という勉強をしたことがありませんでした。本当に何の知識も頭に入っていない状態だったのでそれまでは大学受験どころか留年しないように高校卒業が第一目標だったくらいです。

もともと浪人するつもりしかなかったので実際に浪人している人はどうやって勉強したのかなという疑問からはなおさんの動画にたどり着きました。

動画を見てみると浪人時代はつらかったけど今は本当に楽しいということをはなおさんも友人たちも口をそろえて言っていました。

周りに大学生の親戚もいなかったので、大学に関しての情報がそれまで全くなくそれも受験のモチベーションのなさにも繋がっていたのだと思うのですが、動画を見れば見るほど大学って楽しいのかなとその実態はわからないながら期待や希望が少しずつ湧いてきました。 

予備校には高2の12月頃から行き始めていたのでそういった受験対策のカリキュラムは一通り受け続けていましたが、受講意識が変わってから自分の学力が徐々に上がっていることに気づきました。それからは自分なりに勉強し続けて浪人することなく今では大学に通えています。

でんがんさんは高校3年生の秋まで陸上部で走っていたそうなので境遇が似ていました。(でんがんさんのほうが過酷な条件ですが)部活終わりの3~4か月必死で勉強に取り組んで受験本番には間に合いませんでしたが、学力の伸び具合が異常であと1年時間がありさえすれば自分は確実にやれるなと思い浪人の道を選んだそうです。

浪人するにしても覚悟がないとだれてしまうものだということがでんがんさんのその発言でわかりました。浪人したからと言って確実に大学に合格するわけではないということはわかってはいましたが、それで甘いこと言っていられないなと私も覚悟がついたのだと思います。

 

記事タイトルの臥薪嘗胆は成功するという意思をもって苦労に耐えること、将来の成功を期して苦労に耐えることという意味の準1級相当の四字熟語です。由来は中国の呉と越の国家間の戦争中に用いられた故事成語です。そのため、「(復讐を果たすため)(復讐を心に誓い)苦労に耐える」という意味としても使われます。

 

はなおさんもでんがんさんも、その他の友人の方たちも浪人時代にはつらくしんどい時間を過ごしたことだと思います。現役で大学へ行った人が楽しんでいる噂を耳にすることもあったかもしれません。復讐や雪辱を果たすというとまた意味が違ってきますが、1年に1度しか機会のないチャンスに向けて約10か月間ひたむきに目標に向けて日々を過ごし、皆さんがそれぞれ見事開花している様子は本当に力をもらえます。

はなおさんは去年の時点で大学院生で、就職活動をしている最中でした。無事内定をいただけたようなのですが、自分が動画を投稿していることを包み隠さず話した結果内定を認められたそうです。私なら娯楽性の強いコンテンツのことは自分の中のマイナスポイントとしてひたすら隠し、初対面の人とは逐一話していいラインを窺いながら会話をしてしまいますが、はなおさんらしいアピール方法だなと思いました。(実際に面接官の目の前でタブレットを出し「これ、僕です」と動画を見せたそうです)

自分にとってのアピールポイントを持っているということは大きな強みだと思います。

私もはなおさんとその周りの人たちのように人を幸せに、笑顔にさせられるような人になりたいです。

 

臥薪嘗胆(がしんしょうたん) 意味:目的を遂げるために苦心し、努力を重ねること。