脳内言語化

代々木公園の木です。

整形

Youtubeに金払ってるので、動画のバックグラウンド再生が出来る。もっぱらA3とLINEバブルの裏で色々流している。

 

なんかのきっかけで辿り着いたのが整形アイドル轟ちゃんの動画だ。多分メイク系動画の延長線上にいたんだと思う。彼女は整形を公言していて、その目的は自分のためである。

私はのちに轟ちゃんの動画をほぼ全て視聴することになるのたが、はじめは整形に偏見があったし、男のため以外に整形する人がいると思ってなかった。

よく考えるとメイクも整形も自分を綺麗に見せる行為としては同じだけど、その規模の大きさの違いから敬遠していた。考えるのが怖かった。

なにより、自分が自分のためだけに化粧している人間なのに、整形する人達に対してこんなことを思っていた自分は失礼だと思った。

ダウンタイムがあることすら知らなかった。魔法みたいに、病院に訪問して高い金を払って、しばらくしたら望んだ通りのピカピカの新しい顔で病院から出て来るんだって本気で思っていた。

 

バイト中にたまたま見たノンフィクションで涙を流す有村藍里さんも、どこぞのバラエティ番組で整形する前も可愛いよって言われてるヴァニラさんも、昨日の動画で人間になりたいって泣いてた轟ちゃんも、そもそも誰のせいで整形を選んだかって考えたらしんどくてこっちが泣きそう。

 

別に女性だけじゃない。彼については公言してないから言及しないけど。

 

轟ちゃんが言ってた。

整形したって感覚的に成功するのは30%くらいだし、手術前に結果に文句は言いませんみたいな同意書も書くって。

リスクがでかすぎる。それでも整形しないと自分が耐えられないらしい。

 

「子供の顔が心配…」って言う人。

生まれる前の赤ちゃんをdisるってどういうこと。モンスターは生まれねえよ。整形前が人間じゃないって言いたいのか。

 

はじめの認識が誤っていたぶん、轟ちゃんの動画でたくさん勉強させてもらった。

私がこれから整形することはないが、整形の人に対しての偏見はぶっ潰した。この1ヶ月半の成果である。